« 月のかたち | Main | 阪大捏造論文の処分 »

Feb 15, 2006

【小説】R・J・ソウヤー/スタープレックス

その昔,宇宙船サジタリウスをこよなく愛し,今も深夜に放送中のスタートレックヴォイジャーを楽しみにしている私にとって欠かすことのできないスペースオペラの傑作,無人島に持っていきたいの心の小説第1位,スタープレックス
ネアンデルタール3部作を読み終えてソウヤーのよさをひしひしと味わっていたのですが,さらに余韻にひたるべく再読しました。

何がいいってやはり圧倒的なスケール感に尽きます。主人公が文字通り宇宙のはじまりから終わりまでを股にかけるわけです。浮世のこまごまとした問題に囚われるのがアホらしく思えてきます。

ところがこんな限りなく人間離れした主人公にもかかわらず,いつも人間関係というか宇宙人関係の狭間に悩まされているという,一方で非常に人間的な問題を抱えているのです。一歩間違えると田中啓文みたいにベタなギャグで済ませられそうなシチュエーションですが,とんでもないアイデアで無理やり収拾つきますのでご安心を。

|

« 月のかたち | Main | 阪大捏造論文の処分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14882/8665869

Listed below are links to weblogs that reference 【小説】R・J・ソウヤー/スタープレックス:

« 月のかたち | Main | 阪大捏造論文の処分 »