« February 2007 | Main | July 2007 »

Apr 07, 2007

選挙

以前から,名前を街でがなりたてられた候補者には,決して一票を投じないと心に固く決めていますが,あいかわらずその手の(自称)選挙演説ばかりが横行して,選挙前になると気分が悪くなりますね。多くの人が同様に感じていると思うのですが・・・。とくに選挙日前日などの声を嗄らして名前を叫ばないと損とでもいわんばかりの中身のない演説の大量生産にはウンザリします。

いいかげん,選挙活動にインターネットを使わせるべきでは。

誰が公職選挙法でそのくだりを決めたのか知りませんが,時間の無駄,金の無駄,労力の無駄,エネルギーの無駄。100回名前を聞かされるよりは,1回じっくりと主義主張をウェブで読ませてもらえればそれで十分。投票者も被投票者もお互い納得ずくで選挙に臨むことができるでしょう。金のかからない選挙を目指すと主張する候補者なら真っ先にこれを論点にあげてもらえればよろしいでしょう。環境問題に関心のある候補者も,選挙カーでかけずりまわらずに済むので論点にしてもらればよろしい。公職選挙法のインターネット解禁に反対する人々は,よほどこれらの無駄をなくすのが厭とみえます。ひとことでいうと,ここにも利権があるのでしょう。

もっとも街で街頭演説をするなら,名前を一切声に出してはいけないという規則にしてもらえるなら,インターネット禁止でも我慢できそうです。ポスターやのぼり,車に候補者の名前を書くのはよしとしておけば,本当に気になる演説なら直接顔をみて名前を確認するでしょう。逆に中身のない演説をしている候補者なら,わざわざ名前を確認することはありません(投票しないでおくために名前を確認するのもいいかもしれません)。

・・・要は,庶民がエラいセンセイを選ぶのは名前だけを知っていれば十分,議論はセンセイに任せておけ,という時代はとうの昔に過ぎ去った,ということです。中身のないスピーチしかできないお山の大将にはお引取り願い,インターネット反対に固執している人間こそ真っ先に入れ替えていけば,平均的にみれば健全で公平かつ今の世の中の要求に応じた対応ができる人選が可能となるでしょう。まあ遅かれ早かれ世の中はそう動くでしょうし,若い候補者をみればとくにそう思います。昔と比べればずいぶん状況は変わったな,とも思います。決して悪くはなっていません。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | July 2007 »