Nov 19, 2006

【小説】数学的にありえない/アダム・ファウアー

「ダビンチコードを凌駕する傑作」「前代未聞のアクロバット」というありきたりではありますが刺激的な帯にひかれてついつい手にとってしまいました。いわゆる,ハリウッドアクション系。

以下少しネタバレですが,簡単に説明すると,うまくいくまで何度もビデオ映像のように瞬間瞬間を巻き戻していくことができるというSF仕立てな特殊能力を持っている主人公がCIAやらFBIやらKGBやら北朝鮮公安やらなんやらかんやらに追われるという話です。この能力,たぶん映像化すれば一目瞭然なのでしょうが,例えばサイコロの6の目を出したいと主人公が願っているときは,ほかの目が出てしまえば時間を巻き戻して,6の目が出るまで繰り返すことのできるというものです。これが「数学的にありえない(improbable)」アクロバティックな綱渡りの展開に結びつくわけで,設定としては面白い話です。

ただ,読みやすいのはいいのですが,おそらく映画化するぞと念じながら書き上げたという感じで,プロットか台本を読まされているような荒さがあります。細かいペダンティックな記述も底が浅く,フィクション・ノンフィクション問わずサイエンスものが好きな人ならどこかで聞いた話です。最先端のテーマがあるわけでもなく,同様のストーリーテラーのクライトンやアシモフよりは薄っぺらな印象です。

そうは言っても,私自身は何度も書いていますが,SFはプロットが命!な人ですので,この本のストーリーは実に面白く,かなり高ポイントです。こういう作品はぜひ映画が見たいので,キャストをイメージしながら読んでみました。

登場人物みなさんなかなかキャラをイメージしやすく作っているので結構簡単にイメージできます。重要なのはヒロインでしょう。CIA凄腕美女スパイという設定からやはりアクションの得意な女優がいいですね。といってもチャーリーズ・エンジェル系は却下。となるとトゥームレイダーのアンジェリーナ・ジョリーがベストでしょうか。旧ソ連出身という設定があるのでミラ・ジョヴォヴィッチでも面白いですね。薬を開発した教授には知的で悪そうなイメージからレクター博士のアンソニー・ホプキンスをまずイメージしましたが,ハリーポッター校長役のリチャード・ハリスあたりでも見る人をミスリードしそうでいいかも(謎)。NSAの盗聴オタクには,かなりキてる役柄をなんなくこなす名脇役スティーヴ・ブシェミにぜひやってほしいです。その上司の男は,物語はじめはクールなイメージだったのに,どんどんバカキャラになっていきました。こういう役柄どこかで見たような・・・というわけで(笑),スターウォーズの皇帝・イアン・マクダーミドをおしますね。さて主人公ですが・・・うーんこれは難しい。この手の映画にありがちなヘタれ男なので,正直誰でも構わないと思いますが,ユアン・マクレガーオーランド・ブルームマット・デイモン,このあたりみんなOKかと。双子という設定なので,うまい兄弟がいいですが・・・あ,といってもザ・たっちは却下。わかってるって。

| | Comments (28) | TrackBack (0)

Aug 27, 2006

書庫のお知らせ

お知らせです。
旧ウェブサイトの書評へリンクをつけました。ご興味ある方は画面右のリンクからどうぞ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Nov 23, 2005

【小説】ゲームの名は誘拐/東野圭吾

東野ミステリの真骨頂の完全犯罪モノ。現実的に実現可能かどうかは別として,これを実現可能なイメージとして書ききる東野圭吾は凄いと思います。そういえば貴志祐介の「青の炎」でも,模倣されると困るのでわざと作家が実現不可能なシチュエーションをいれているとあとがきに書いてました。本作品もイメージとしては,青の炎と少し通じるものがあります。両方とも映画化されましたし。

誘拐道具としてインターネットが使われていますが,これってありがちなのになかなかネタにする作家がいなかったのは不思議でした。技術の進展が早すぎてすぐに陳腐化するから使いにくいんでしょうか。情報の受け渡しをインターネット掲示板でやってますが,本作品でもちょっと時代遅れ的なイメージがしますね。

#関係ないですがテストを兼ねて,記事の投稿も兼ねてるんですが,右の本の紹介バーとリンクさせられたらいいんですが,ちょっとうまくできません。残念。トラックバックも成功してるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)